眼の健康などの視力に関する情報発信

日焼けは老化を早める!紫外線対策を始めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

肌の老化とともに気を付けたい老眼

です。

 

そのためにまずは紫外線対策です。

 

小麦色の肌は健康的なイメージが

ありますが、日焼けは老化を早める

のです。

 

老化を少しでも遅らせたいなら、

紫外線予防が必要なのです。

 

紫外線対策について解説していきます。

 

スポンサードリンク


紫外線の種類

紫外線A波

波長が長いので、肌の奥まで届いて、

ハリや弾力性を奪い、シミやシワ、

そばかすなどの皮膚の老化を起こします。

紫外線B波

A波ほど波長は長くないですが、皮膚の

角質にダメージを与えます。

 

皮膚の免疫力を下げ、皮膚病の原因を

作ります。

 

紫外線C波

波長が短いので大気中に吸収されていまい

地表には届きません。

 

 

紫外線を浴びると

コラーゲンやエラスチンを破壊し

メラニンが作られます。

 

コラーゲン

コラーゲンは人の皮膚や骨、軟骨などを

構成するタンパク質で体にとって重要

であり、不足すると肌の弾力がなくなり

だるんだりします。

 

エラスチン

エラスチンは皮膚や血管などを構成する

タンパク質です。

 

エラスチンが肌のハリと関係していて

コラーゲンを伸び縮みさせます。

 

エラスチンが正常なら肌に張りを与え

シワやたるみを防いでくれます。

 

スポンサードリンク


メラニン

メラニンは、紫外線を浴びると、細胞

が黒い色素のメラニンを増やして、

紫外線から肌を守ろうとします。

 

この時のメラニンが黒く沈着すると

シミやそばかすを作ります。

 

 

紫外線対策

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s 紫外線を浴びると健康被害もおこり

ます。

 

紫外線は1年を通して予防することが

必要です。

 

曇りの日や日差しが弱く感じる季節も

紫外線は降り注いでいます。

 

それに紫外線は、部屋の中にいても

窓を通して入り込んできます。

 

外出時には日傘やサングラス、帽子

で紫外線を予防することです。

 

また、室内でも日焼け止めを塗るなど

対策は必要かもしれません。

 

無防備な状態で紫外線を浴びないこと

です。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 肌のハリや弾力、シミやシワなど

肌のトラブルの多くが、紫外線が原因

で起こっているのですね。

 

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。