眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼の対策は脳の活性化にあった!明るい色の服を着ると良い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは

明るい色の洋服を着るとこは、脳の

活性化につながるのです。

 

いつもより明るい服を着て、出かけ

たとき、気持ちが若返った気分に

なりませんか?

 

明るい色の洋服を着ると、見た目も

若く見え、気持ちも晴れやかになりますね。

 

その結果、脳の活性化も期待できそうです。

 

スポンサードリンク


明るい色

明るい色はホルモンの分泌を盛んにする

力があります。

 

特にピンク色を身に着けると、女性ホル

モンの分泌が盛んになるといわれています。

 

卵巣ホルモンは肌の潤いや張りを保ってく

れます。

 

そして若々しい美しい肌を作るために重要

な役割がある女性ホルモンです。

 

逆に、暗い色はホルモンの分泌を下げてし

まいます。

 

幸せな気持ち

明るい好きな色の洋服を着ると、その日は

一日中、幸せな気持ちでいられます。

 

幸せを感じると、脳内ホルモンのエンドル

フィンやセロトニンなどの幸せのホルモン

がモンが分泌されます。

 

 

これらのホルモンは幸せを感じる脳内

ホルモンで、分泌されることによって
内面から若々しくなっていきます。

若返りの効果

ピンクの服を着たり、ピンクの小物を

使うことだけで、心身ともに若返りの

効果が期待できるのです。

人にはそれぞれ、色の好き嫌いがあり

ますよね。

それに明るい色は落ち着かないという

人もいますよね。

しかし、自分は若くないからとか、

少し気恥しいという気持ちもわかりますが

たまにでも明るい色の洋服を着て出かけ

ませんか。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 若さを保つために常に若いイメージを

持つことも必要ではないですか?

 

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。