眼の健康などの視力に関する情報発信

目にいい食べ物といえばブルーベリーだけどなぜいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目にいい食べ物はと聞かれたら
真っ先に思いつくのがブルーベリーでは
ないでしょうか?

今回はブルーベリーのもつ効果について解説します。



スポンサーリンク




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6257485982177911"
data-ad-slot="1250186980"
data-ad-format="auto">






ブルーベリーとは


ブルーベリーの食用品種は

ハイブッシュブルーベリー系

ラビットアイブルーベリー系

ローブッシュブルーベリー系に分類される



元々は南アメリカにあった植物で、

カリブ海諸島を渡って北アメリカで進化し

ブルーベリーとなったと言われている。



ブルーベリーの栄養

139352

ブルーベリーに含まれる栄養素の中で

アントシアニンが目にいい成分だとされています。




目の網膜に良いとか


視力改善に効果があるとか


しかしこの効果は何の根拠もないものである。





なぜアントシアニンが目にいい?

0d1382cfebd6726c12a1a03320f53827_s



どうしてこのようにアントシアニンが目にいいと

言われるようになったのか?

それはアントシアニンが抗酸化作用を持つ

ポリフェノールの一種だからです。




抗酸化作用は細胞の老化を防ぐ働きが

あるのです。
   ↓↓↓
ブルーベリーは「実より葉」


アントシアニンを含む食材

プルーン
アサイー
ブドウ
ラズベリー
リンゴ(赤)[3]
イチゴ
ムラサキキャベツ(赤キャベツ)
ナス
黒大豆(黒豆)
黒ゴマ
小豆

などである。


まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
ブルーベリーの効果は科学的には何の立証も
ないのですが


ポリフェノールの抗酸化作用は


目だけでなく体にも良いはずであるので


積極的に取り込みたいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。