眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障手術の後、最も注意が必要なのが感染症です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

今回は白内障の手術のあとの問題に

ついてです。

 

感染症や炎症など、また手術後に

必要になる眼鏡について解説して

いきます。

スポンサードリンク



 

感染症

e5761f5738e7c08166f030c30c175aea_s
白内障の手術の後に起こる最大の

トラブルというと、感染症です。

 

白内障の手術は、目に小さく切り

込みを入れます。

 

小さいながら傷口になりますので

その傷口から目の中が細菌に感染

してしまうことがあります。

 

この場合、内服液や点滴などで抗生

物質を使うことになります。

 

これで、効果がない場合は、手術に

なることもあります。

 

 

炎症

手術を行うと、体が対抗して炎症という

反応を起こします。

 

炎症とは、病気や、傷口を治すために

起こるものですが、手術の結果に悪影響

があることがあります。

 

その場合、内服液や点眼で炎症を抑えます

が、もし炎症が強い場合白目に注射します。

 

その他のトラブル

眼底出血、網膜に裂け目ができて、網膜が

はがれてしまう網膜剥離、

眼圧が高くなり、見える範囲が狭くなる

緑内障、目の表面の角膜が濁ってしまう

角膜混濁

などが起こる可能性もあります。

 

スポンサードリンク



 

新しい眼鏡

915e89cb32a01e7a14a2d7982ab2fffd_l
白内障の手術の後は新しい眼鏡が必要に

なってきます。

 

白内障は手術で眼内レンズを入れますが、

このレンズはもともとの水晶体と違い

調節力がありません。

 

遠近の眼鏡を作る必要があるのです。

 

メガネは手術後状態が落ち着いてから

作ります。

 

白内障の手術後は目にゆがみが生じて

しまいます。

 

目のゆがみはゆっくりと変化して

1~3ヶ月で落ち付きます。

 

その前に眼鏡を作ると、目の状態が

落ち着いてきたとき、メガネが

合わなくなってしまいますよね。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。