眼の健康などの視力に関する情報発信

寝つきが悪いのはタバコのせい?眠りの影響を知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回はカフェインとニコチンです。

 

タバコのニコチンが眠りに

悪影響を与えるのです。

 

どういうことでしょう、

また、コーヒーのカフェインについて

も解説していきます。

スポンサードリンク



 

ニコチン

683fcd6a954e96be93f4ed1839984702_s
タバコに含まれるニコチンは覚醒作

用があります。

 

寝る直前の一服はやめたほうがいい

ですね。

 

タバコを一本数と、交感神経の働きで

血圧が上がります。

 

副交感神経が血圧を下げるためには

5分もかかってしまうのです。

 

それが原因でホルモンのパランスが

崩れてしまいます。

 

一日60本以上吸うヘビースモーカーは

寝つきが悪く、深夜の覚醒回数が多い

と言われています。

 

しかし、3日禁煙するだけで、睡眠の

質が上がり、夜中に目を覚まさなく

なるそうです。

 

 

カフェイン

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s
カフェインを含むコーヒーや緑茶、など

の飲み物は興奮状態になり、寝つきを悪く

します。

 

カフェインは、神経を刺激してアドレナ

リンを分泌させて、意識は覚醒します。

 

カフェインの効果は飲んだ後30分後に

効果が現れ、4~5時間持続します。

 

朝に摂取すればいい効果が期待できますが

夜、寝る前には避けたほうがいいですね

また、カフェインは利尿効果があり

夜中にトイレに行く回数も増えてしまい

ますね。

 

コーヒー一杯には100~150㎎のカフェ

インが含まれています。

緑茶には30㎎

紅茶には70㎎

ウーロン茶には75㎎

コーラには50㎎

含まれています。

 

 

眠り

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
人はどうして眠くなるのでしょうか

なぜ眠るのでしょうか

眠りに伴う夢には意味があるのでしょうか

眠りをうまくコントロールできないのでしょうか

眠っている間

人は眠っている間に疲労回復、

免疫力を高める、

記憶を整理する

また、成長ホルモンの分泌

体内組織の修復など様々な活動を

行っています。

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 眠りに悪影響を与えるのは

光と電磁波なのですね。

寝る直前の悪い習慣は改善しましょう。

睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

スポンサードリンク



それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。