眼の健康などの視力に関する情報発信

中高年になったら注意したい加齢黄斑変性症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は加齢とともに黄斑に異常が

起こる病気の一つ加齢黄斑変性症

についてです。

 

スポンサードリンク


加齢黄斑変性とは

 

網膜の中心部の黄斑部が変性して障害が

起こるのが加齢黄斑変性です。

 

見ようとするところが見えなくなり

黄斑部の中心窩に障害が起こると

著しい視力低下が起こります。

 

加齢黄斑変性は欧米では失明原因の

第一位の病気です。

 

日本でも50歳以上の80人に一人の割合で

高齢になるほど発症率は上がり

男性に多い病気です。

 

スポンサードリンク


網膜色素上皮層

網膜の一番外側には、網膜色素上皮層

があり、色素を持った細胞が並んでいます。

 

外界からの光を吸収したり、視細胞を

回復させる細胞です。

 

この細胞は加齢ともに、老廃物がたまって

きます。

 

すると、その老廃物を吸収しようと脈略膜

から新たな血管が伸びてきます。

 

この血管は非常にもろく、簡単に破けて

しまい、出血をおこします。

 

加齢が原因によるものなので、ほとんどの

場合両目に生じます。

 

片目に変性が起きたら注意しましょう。

 

加齢黄斑変性症の原因

はっきりとした原因はわかりませんが

食生活の欧米化が関係していそうです。

 

また、喫煙、動脈硬化、高血圧なども

原因として考えられます。

 

加齢黄斑変性症の治療

新生血管をレーザーで焼くこともあります。

 

この新生血管を早期に発見するには

蛍光眼底造影という眼底検査が必要

です。

 

また出血がひどい場合は外科的な手術を

行います。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は加齢黄斑変性について

みてきました。

 

簡単な視野検査を行い、眼底を詳しく調べる

のですね。

簡単な視野検査は自分でもできるので

50歳を過ぎたら定期的にチェックですね。

 

加齢黄斑変性は左右の目が同時に発症する

ことはないので症状も片側の目に現れます。

人は日常生活では両方の目で見てるので、

症状のないほうの目がカバーしてしまうので

不自由さは感じないでしょう。

そこで片方の目の見え方をチェックしてく

ことが重要になります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。