眼の健康などの視力に関する情報発信

視力が落ちてきたら、白内障の自覚症状ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水晶体は本来透明なはずなのに、

濁ってきたらいろいろな目の症状が

起こります。

 

そこで今回は白内障の症状について

です。

 

スポンサードリンク



 

水晶体

水晶体は真ん中が膨らんだ凸レンズ

です。

 

水晶体は嚢で包まれて、円盤状の形

です。

 

前嚢の表面は虹彩で囲まれた瞳で

被われています。

 

瞳は外界の光が強いと小さくなり

弱いと大きくなります。

 

それぞれ縮瞳、散瞳といいます。

 

水晶体の濁り

 

水晶体が一気に濁るのは、ケガなどで

直接水晶体に障害を受けたときや、

強い炎症の二次的原因からです。

 

加齢が原因の白内障の水晶体の濁り

は、ゆっくりと起こります。あなたのプロフィール

 

水晶体の周辺部が濁ってきても、

明るいところで瞳が縮瞳の時は、なに

も自覚症状がありません。

 

しかし、暗いところで散瞳になると

見え方に濁りが邪魔になり、チカチカと

光って見えたりすることもありますが

それでも気が付きにくいのです。

 

皮質がまだら状に濁ってきたときも

チカチカと光って見えにくくなったり

虫が飛んでいるように見える飛蚊症の

症状もあります。
スポンサードリンク


白内障が進むと

白内障がさらに進んでびまん性に濁った

ときは視力は落ちてしまいます。

 

これは前嚢、後嚢、核が濁り視力が低下

します。

 

中央の核が濁ると水晶体は厚くなり、

屈折力は増してきて、近視のような症状

になります。

 

以前より近くが見やすくなります。

 

 

白内障がさらに進むと

さらに白内障が進んでくると、どんな

レンズで矯正しても視力は弱いままで

す。

特に嚢が濁ってしまう嚢性白内障の場合

水晶体全体が濁る面積は少ないのですが

視力低下ははっきりとわかるほどです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
白内障が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。