眼の健康などの視力に関する情報発信

緑内障のチェック、見えなくなってからでは遅い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは

緑内障の早期発見で進行を止めたい

ものですよね。

スポンサードリンク


緑内障の発見

a9cf63c8a87d3774e077004d5531dd8d_s
緑内障は気が付かないうちに病気が

進行します。

 

見え方に異常を感じたときはすでに

重症と思われます。

 

目に痛みも感じないですし、わずかずつ

視野が狭くなっていきます。

 

緑内障の進行は本当にゆっくりなので

狭い視野に慣れてしまい、気が付くのが

遅れてしまうのです。

 

続発性の緑内障ではなく原発性の緑内障

だと、両目に病気が進行しますので状態は

より厳しいと思います。

 

左右の目の緑内障の進行は同じとは限り

ません。

 

視野は鼻側から欠けてきます。

 

鼻が高いと気が付くのが遅れるといいます。
スポンサードリンク


さらに進行

339731
さらに進行すると視野はさらに狭くなります。

 

見える範囲が部分的になり、その部分で見る

わけですから、眼球は見る対象を追いかけ

盛んに動き、目つきが異常になるのです。

 

さらに、視力も落ちますし、最終的に全く

見えなくなってしまいます。

 

 

視神経

これらの症状は視神経に障害がおこるため

です。

 

視神経は中枢神経の一つで、手足にある

末梢神経とは違い、再生できません。

 

なので緑内障に侵された視神経は回復

することはないのです。

 

特に視神経の移植などは不可能だといいます。

 

定期検診

c2207037a011e694663395652d71b653_s
完全に目が不自由になる前に眼圧を調節して

進行を食い止めなければなりません。

 

定期検診を受けて早期発見が大切です。

 

眼圧などは自分では測定できませんよね。

 

さらに眼底も見れませんね。

 

だから、最近の成人病の定期検診では

眼圧も測ってくれます。

 

眼底のも見てくれ視神経乳頭の変化もわかり

ます。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
緑内障は定期検診で早期発見が大事ですね

 

 

緑内障が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。