眼の健康などの視力に関する情報発信

スマホ老眼を防ぎ、質の良い睡眠には和食がいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは

今回は質の良い睡眠と食の関係に

ついてです。

 

スマホ老眼の予防のためにも

「食」は大事です。

 

詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

メラトニン

f1b593d5e8f9925141a900de2cd5f14a_s
睡眠サイクルを調節するホルモンである

メラトニンは、動物、植物、のほとんど

が持っている。

 

植物では玄米、分づき米、小麦

大豆などの穀類、豆類

さらに大根やニンジンなどの根菜に多く

含まれています。

 

また多くの野菜に含まれるビタミンB群

は、メラトニンの生成・吸収を助ます。

 

ビタミンB12は貝類や海藻類、魚類に

多く含まれていて、

体内時計の調節機能を高め

ます。

 

 

栄養学的に見ると

玄米とシジミの味噌汁、アジの干物

納豆、おひたしなど和食は体内時計に

とってまさに理想的な食と言えます。

 

穀類と豆類の食事は消化が良く

野菜とともに食べると吸収もよくなり

ます。

 

さらに根菜は体を温める効果があり、

純和風の食事は健康にとって、いい

のですね。

 

 

バランスよく食べる

穀類、豆類、野菜・・

これらをバランスよくとることが重要

なのです。

 

偏った食生活は高血圧などメタボ、

脳卒中や心臓病、がんの原因にもなり

ます。

 

 

腹六分目

大切なことは腹六分で食事を抑える

べきです。

 

ヒトの体は食べることで、胃腸のほか

に心臓、肝臓、すい臓、すべての内臓を

動かしています。

 

お腹いっぱいまで食べてしまうと、

それだけ内臓が疲れてしまいます。

 

内臓が元気ならば健康で長生きできる

のです。

スポンサードリンク


スマホ老眼は

スマホ老眼は目のピントを合わせる

毛様体筋を酷使しすぎて、目の調節

機能にトラブルが起きることです。

 

目が近くを見たり、遠くを見たりするとき

毛様体筋が伸び縮みして、水晶体の

厚みを変え光の屈折を調節しています。

 

遠くを見るときは毛様体筋が緩んで

水晶体が薄くなります。

 

また、近くを見るときは、毛様体筋が

緊張して水晶体が厚くなります。

 

この働きは加齢によりスムーズに
働かなくなります。

 

これが老眼です。

 

それがスマホ使い過ぎにより、若い人

たちにも老眼を似た症状が起こるのが

スマホ老眼です。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。