眼の健康などの視力に関する情報発信

中高年になったら注意したい黄斑円孔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

網膜の中心に穴の開く黄斑円孔に

ついて見ていきます。

 

網膜の中心は黄斑と言われていて

特殊な色素で黄色く見えるので黄斑と

呼びます。

 

黄斑日の真ん中は中心窩と呼ばれ、

視力、色覚を司る大切な細胞が

集約されて存在します。

 

この中心窩を中心とした網膜に穴が

開くと見え方に異常をきたします。

 

これが黄斑円孔です。

 

原因や治療法について解説して

いきます。

スポンサードリンク



 

黄斑円孔の原因

円孔は0.5㎜の小さい穴で、網膜の

外側にある網膜色素上皮以外の網膜が

欠損して穴が開き、色素上皮が硝子

体側に露出しています。

 

原因として、外傷、強い近視

そして一番多いのが加齢によるものです。

 

中でも60歳以上の女性に多いのです。

 

加齢により、中心窩の前方の硝子体が

縮んでしまい、網膜は引っ張られること

なってしまい、円孔ができるのです。

 

黄斑円孔の症状

視力が0.1以下に落ちてしまい、

視野の真ん中が暗く見えたり

ものが歪んで見えたり

 

色が変わって見えたりします。

 

黄斑円孔は一旦できてしまうと孔は

開いたままで、視力は回復しません。

スポンサードリンク



 

黄斑円孔の治療

今まで何もしないで経過観察して、

網膜剥離になったら手術をします

 

しかし今では円孔の原因である硝子体

皮質を切って、網膜を引っ張る力を

弱めて、元に戻します。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

 

過労や睡眠不足など

体力の低下している

 

時にも目が疲れやすくなります。

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。