眼の健康などの視力に関する情報発信

中高年になったら注意したい黄斑上膜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

今回は、高齢者に多い目の疾患の

黄斑上膜について見ていきます。

 

スポンサードリンク



 

黄斑上膜とは

黄斑部網膜上膜ともいいます。

 

網膜の黄斑部の硝子体に膜ができて

視機能に障害を起こす疾患です。

 

網膜の黄斑部に透明な膜、

引っ張られて蛇行した網膜血管

網膜のしわなどが眼底検査で見つかり

ます。

 

上膜が収縮すると黄斑部に穴が開いた

ように見えることもあります

 

そのほかの症状は、網膜のむくみ、

表面からの出血もあります。

 

 

黄斑上膜の原因

368933
高齢者に多い疾患です。

 

加齢ともに硝子体が水っぽくなり

網膜と接していた部分がはがれてきます。

 

それが黄斑上膜を形成する要因です。

 

上膜の組織は硝子体のコラーゲンと

と同じです。

 

詰まる硝子体の変化が原因でしょう。

 

スポンサードリンク


黄斑上膜の治療

加齢による上膜のほとんどは、網膜

には達せず、網膜上にできるだけ

です。

 

少し視力が落ちる程度でほとんど無症

状なので治療はしないで経過観察です。

 

しかし、進行してしまう場合もあります

その時は網膜は引っ張られ、しわができ

視力が著しく低下します。

 

ものが歪んで見えたりもします。

 

その場合は手術により治療します。

 

比較的手術効果はいいのが特徴です。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。