眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼予防に軽い運動はいかが?ただ歩くだけで老化を防ぐ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

そこで今回は歩くことについて見ていきます。

 

スポンサードリンク



 

体の筋肉

585681
人間の体にはやく650の筋肉がある

のです。

 

その筋肉は、思い頭部を支えるため、

構造的に多くの筋肉が下半身に集まって

います。

 

ヒトの足には、全身の筋肉の435の

筋肉が集まっていることになります。

 

そのため普通に歩くだけで、多くの筋肉

を効率よく使えるのです。

 

 

第二の心臓

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s
足は心臓に血液を送り込む中心的な

働きがあります。

 

臓器や血管を健康に保つために欠かす

ことのできない存在です。

 

腕を大きく振って歩けば、運動量は

さらに増えますし、心臓も鍛えられます。

 

心臓が鍛えられると心拍数は減っていく

ことになります。

 

心拍数がすくなければ「どきどき」しに

くく、少しのことで動揺しない強い精神力

を養えます。

 

また、脈拍数が安定すれば自律神経も整う

ことになります。

 

心肺機能が強くなると身体が丈夫になる

だけでなく、緊張もしないようになります。

 

 

コレステロールや中性脂肪

歩くことでコレステロールや中性脂肪も

消費されます。

 

コレステロールや中性脂肪も身体を動かす

ための大切なエネルギー源ですが、余分に

蓄積されると、肥満や動脈硬化の原因に

なります。
スポンサードリンク


脂肪の消費

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s
運動によって脂肪は消費されますが

激しい運動だと脂肪ではなく糖質が消費され

てしまいます。

 

歩きながら、ゆっくりと多くの酸素を身体に

取り込みましょう。

 

それにより、多くの脂肪を消費できます。

 

余計なコレステロールや中性脂肪を少なく

し、健康な体をつくることは、老化の対策

にもなりますし、老眼も防ぐことができます。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。