眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼鏡の選び方は?遠視の眼鏡を使ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は遠視の老眼鏡についてです。

 

正視とは目が調節作用を行わないとき

遠くのものにピントが合うことです。

 

近視、遠視、乱視は遠いところのもの

が網膜に鮮明に像を結べません。

 

屈折が異常な状態で屈折異常と呼びます。

 

中高年になって、近くを見るための

調節力が落ちてきます。

 

そこで快適な度数の老眼鏡について

解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

老眼とは

目が近くを見たり、遠くを見たりするとき

毛様体筋が伸び縮みして、水晶体の

厚みを変え光の屈折を調節しています。

 

遠くを見るときは毛様体筋が緩んで

水晶体が薄くなります。

 

また、近くを見るときは、毛様体筋が

緊張して水晶体が厚くなります。

 

この働きは加齢によりスムーズに

働かなくなります。

 

これが老眼です。

 

 

 

目の調節力

遠視の人は、遠くを見ているとき、

眼球の後ろに像を結んでしまい、

はっきりと見えません。

 

そのため遠視は凸レンズを使って

像を前方に結ぶ必要があります。

 

加齢とともに近くを見る調節力は

減退してきます。

 

そこで、さらに屈折力を強める必要が

出てきます。

 

遠視の人は、正視の人の老眼鏡の度数

より、遠視の度数を足した、度数の強い

凸レンズが必要になるのです。

 

 

 

凸レンズ

凸レンズはかけている人の目を大きく

見せます。

 

より度数の強い眼鏡のほうが目が

大きく見えます。

 

いかにも老眼という感じですね。

 

スポンサードリンク



 

個人差がある

目の調節力には個人差があります。

 

行う作業の距離と時間を考えて

自分に最も合う、快適な度数の

老眼鏡を選びましょう。

 

きちんと度数のあった眼鏡をかける

ことです。

 

無理をして、老眼鏡をかけなかったり

度数の合わないものを使っていると

目は疲れる

肩はこる

あまたが痛くなる

などの症状がおこります。

 

正しい度数の老眼鏡で避けられるもの

です。

 

老眼鏡をまめに使いましょう。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。