眼の健康などの視力に関する情報発信

すっきり目覚めるためにはどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

すっきり目覚めるためにはどうする?

こんにちは

起こしてあげて不機嫌になられたこと

ありませんか?

 

起こされなくても自然に目が覚める

こともありますよね。

 

不機嫌な寝起きとすっきりとした

寝起きについて解説していきます。

スポンサードリンク



 

眠り

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
人はどうして眠くなるのでしょうか

なぜ眠るのでしょうか

 

眠りに伴う夢には意味があるのでしょうか

眠りをうまくコントロールできないのでしょうか

 

 

ノンレム睡眠の浅い眠り

浅い眠りは、寝付く前のうとうと

した状態。

 

大体、2~3分ほどです。

 

いったん眠りにつくと、次のサイクル

から浅い眠りは来ない。

 

 

 

ノンレム睡眠の中くらい

中くらいの眠りは20~30分。

このときは、ちょっとした物音でも

目が覚めてしまいます。

 

起こされてもそんなに不機嫌にはなり

ません。

 

 

 

ノンレム睡眠の深い眠り

やがて眠りは深い眠りに入ります。
40~50分ほど続きます。
このときに起こされると、非常に不機

嫌になり、不快で意識がもうろうとし

ています。

 

スポンサードリンク



 

レム睡眠

レム睡眠の状態は、体は眠っていても

脳は覚醒しています。

 

この状態で起きると、目覚めがすっきり

としています。

 

そのまますぐに行動に移すことが

できます。

 

レム睡眠は目覚めの準備段階で、外界の

刺激に対して反応できます。

 

このレム睡眠の終わるころに起きると

気持ちのいい寝起きができます。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
質の良い眠りのためには、短くても

レム睡眠の時に目覚ましをかけるよう

にしたほうがいいのですね。

 

睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

 

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

 

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。