眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼は老化現象だから仕方がない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

40歳を過ぎるころから、新聞など

細かい文字のものが読みにくくなったり

針に糸を通すことが出来なくなったり

していませんか?

 

老化現象の老眼について見ていきます。

スポンサードリンク



 

老眼とは

目が近くを見たり、遠くを見たりするとき

毛様体筋が伸び縮みして、水晶体の

厚みを変え光の屈折を調節しています。

 

遠くを見るときは毛様体筋が緩んで

水晶体が薄くなります。

 

また、近くを見るときは、毛様体筋が

緊張して水晶体が厚くなります。

 

この働きは加齢によりスムーズに

働かなくなります。

 

これが老眼です。

 

 

若いとき

若いころは、遠くの景色を見るとき

テレビを見るとき、本を読むとき

どんな距離にあるものでも、すぐに

ピントを合わせることができるのです。

 

近視・乱視などがある場合でも、眼鏡を

かけたまま、近くのものにピントを合わ

せることができます。

 

スポンサードリンク



 

水晶体の働き

眼球の中のレンズの役目をしている

水晶体が厚くなったり、薄くなったり

できる弾力があり、ピントを合わせる

のです。

 

さらに、水晶体の周りに円形に存在する

毛様体という筋肉の働きが、水晶体を

厚くしたり、薄くしたりするのです。

 

若いことはこの働きが十分に機能してい

るのです。

 

 

 

老化の第一歩

中高年になると、水晶体と毛様体が柔軟

に働かなくなってきます。

 

皮膚の弾力性の衰えによるたるみなどと

同じで誰もが避けることが出来なり老化

現象の第一歩です。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。