眼の健康などの視力に関する情報発信

目が見えなくなる!目の構造としくみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

目が見えなくなる理由には、

生まれつきのものと

それ以外のものがあります。

 

目の構造と目が見えなくなること

について見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


角膜

角膜が濁ってしまうと光は入りにくく

なります。

 

角膜を突いたことにより濁ってしまっ

たり、先天性に角膜が濁っていたり

角膜の中心がとがって薄くなる円錐

角膜になってしまったり、

などの理由があります。

 

対処法として角膜移植があります。

 

角膜移植で失明しないように助かる

場合もあります。

 

 

 

 

水晶体

水晶体が濁るのは白内障です。

 

現在では、手術で視力が戻ります。

 

手術法は濁った水晶体を超音波で砕き

変わりのレンズを入れる方法が一般的

です。

 

手術治療も大変進歩してきていて、安

全な手術です。

 

 

硝子体

硝子体の濁りは網膜の病気が原因で

起こります。

硝子体の濁りの原因の網膜の治療から

始めます。

 

 

網膜

網膜は色を見分けたり、光をつかさどる

光受容器があります。

 

その細胞が一億個あります。

 

またこの細胞に栄養を届ける血管があり

ますが、この血管が詰まったり、切れたり

すると、網膜は役目を果たすことができ

ません。

 

 

視神経

脳へつながる視神経の障害にはたくさん

の原因があります。

 

外科的手術では回復はできません。

薬で治療を行います。

 

脳内に病気の原因があったら直ちに

治療を開始したほうがいいです。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

 

さらにストレスも増えてきています。

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。