眼の健康などの視力に関する情報発信

目と目でコミュニケーションをとる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目と目でコミュニケーションをとる

目と目で通じあう

とよくいいますね。

 

目から人とのかかわりを

見ていきましょう。

スポンサードリンク


子どもとコミュニケーション

生まれたての赤ちゃんの視力は

0.1もないと言われています。

 

人は成長するとき視力も成長します。

 

3歳で1.0くらいです。

 

子どもは相手の表情や気持ちを読み取る

ことはあまりできません。

 

そこで成長期の子どもと話をするときは

しっかり目を見て話しましょう。

 

そうすることであなたの愛情を感じる

ことができるのです。

 

長い時間一緒にいる時間がなくても

ただ目を見て話をすることが重要ですね。

 

 

スポンサードリンク


目を目ればわかる

髪形やメイクを変えただけで誰だかわか

らなくなることありますよね。

 

そんなとき、服装や髪形は関係ありません。

目を見るのです。

 

目を見ることで相手を判別するのです。

 

目を見れは相手のことが分かるといい

ます。

 

警察でも犯罪者を見分けるときに目を見ると

いわれています。

 

目を見れば

知り合いに道で出会ったとき、挨拶され

なかった、失礼な人、

 

そんな経験はありませんか

目を見るのです

 

目を見れば自分に気が付いたと認識して

くてますし、相手に対して失礼なことに

なりません。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は目と目で通じあうということに

ついて見てきました。

 

目と目でコミュニケーションを心がけ

ましょう。

 

言葉を交わさなくても

目と目で通じ合う。

 

そういう仲になりたい。

 

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。