眼の健康などの視力に関する情報発信

睡眠中の光はとても大切です。光に気を使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眠り

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
人はどうして眠くなるのでしょうか

なぜ眠るのでしょうか

眠りに伴う夢には意味があるのでしょうか

眠りをうまくコントロールできないのでしょうか

スポンサードリンク



 

メラトニン

寝ているときに光を浴びると

メラトニンというホルモンの分泌が

悪くなります。

 

それにより年齢を感じやすくなったり

太ったりしやすいといわれています。

 

そこでメラトニンには抗酸化作用が

あって年齢を感じにくくしてくれる

作用があります。

 

メラトニンがなくなると年齢を感じ

やすい肌や、見た目になってしまい

ます。

 

スポンサードリンク



 

睡眠の質

光によって睡眠の質が低下します。

 

睡眠の質の低下でレプチンという食

欲抑制ホルモンの分泌が減ってしま

うのです。

 

光のせいで太りやすくなったといえ

ますね。

 

 

寝起きの光

寝ているときはなるべく光を浴びない

ほうがいいのですが、

起きた後は光を取り入れたほうがいい

です。

 

寝起きの時間に光を浴びると、体の

時間感覚を作り、肌にも美容にも

いいのです。

 

明るい光には体内時計をリセットし

気分を前向きにする事ができます。

不登校の保護者に評判。体内リズムを整え登校できるようになる光で起こす目覚まし


 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

 

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

 

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。