眼の健康などの視力に関する情報発信

充血をとる目薬を差すとむしろ充血する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は充血をとる目薬についてです。

 

目が充血したら目薬を差すといいと

思いますよね。

 

しかし、この目薬を使い続けると逆に

充血がひどくなってしまうのです。

 

なぜでしょう、解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

充血に目薬

目薬によって充血をとるのは、目の血管を

収縮させるのです。

 

これでいったんは充血をとることができま

すが、血管を収縮させればそれだけ血流が

悪くなります。

 

さらに目薬を使い続けるうちに薬に対する

反応が悪くなってきます。

 

目薬は一時的に目の充血を抑えるために

使います。

 

 

 

充血をとると書いていない目薬

目薬を選ぶときは充血をとると書いて

いないものを買います。

 

一時的に充血を抑えることはよくありま

せん。

 

目の充血は自然に徐々に取れていくのが

いいのです。

 

 

スポンサードリンク



 

目薬の鮮度

目薬は余計な成分が入っていないものが

いいのです。

 

それよりも目薬は鮮度が大事です。

 

いつ開封したものか注意が必要です。

 

目薬の使用の目安として、開封後

一か月以内のものを使いましょう。

 

高い目薬を買って長期間使うことは

望ましくありません。

 

安い目薬で一か月で使い切らなかったら

捨てましょう。

 

 

 

目薬の差し方

目薬を差してすぐティシュで拭かないこと

です。

 

せっかく差した目薬を吸い出してしまう

ことがあります。

 

そうなると効果は半減しますよね。

目からあふれた分を軽くふき取る感じ

です。

 

目薬を差したら目をぱちぱちさせない

ことです。

 

目薬を差したら目を閉じて、目の中を

十分にいきわたらせてください。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は充血をとる目薬についてみて

来ました。

 

充血をとる目薬は一時的な使用で、

長く使わないことですね。

 

目薬は一か月で使い切りましょう。

 

目薬は安いものを選んだほうが、目の

健康にはいいのですね。

 

高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。