眼の健康などの視力に関する情報発信

目が赤いのは病気?目が赤くなる原因について知りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は目が赤くなる原因についてです。

 

白目がちょっとでも赤くなると目立って

しまいますよね。

 

そこで病気による赤みなのか気になり

ます。

 

そこで解説していきます。

スポンサードリンク



 

白目が赤い

白目が赤くなるものに

充血と出血があります。

 

出血は白目が一面真っ赤になります。

 

充血は目の血管が太くなって目立って

見えるものです。

 

 

出血

目の出血を結膜下出血といいます。

 

これは白目の血管が切れて出血したもの

で、目をこすったり、ぶつけたりした

などの原因があります。

 

また、体調が悪くて出血を起こすもの

もあります。

 

目が真っ赤になって慌ててしまうかも

しれませんが、目立つ割には自然と治り

ます。

 

もし、治らなかったり、何度も繰り返す

場合は身体の不調が原因かも知れません。

診察を受けましょう。

 

スポンサードリンク


充血

充血は血管が太くなることで、赤く目

立ちます。

 

目をこすったり、体の疲れが出るなど、

一時的なものもあります。

 

その充血は自然と消えます。

 

しかし、なかなか治らない、

何度も繰り返すことがあります。

 

その原因は目の血液の流れに障害が

あります。

 

血管が太くなっているということは、

血液が必要ということです。

 

黒目は血管がない場所なので栄養が

不足してくると、何とかいきわたら

せようと血流を促進させるのです。

 

それで血管が太くなり、充血という

目の症状が出ます。

 

 

まとめ

今回は目が赤くなる原因について

見てきました。

 

白目が赤くなるものに

充血と出血があり、出血は白目が

一面真っ赤になります。

 

充血は目の血管が太くなって目立って

見えるものなのですね。

 

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。