眼の健康などの視力に関する情報発信

快眠に効果的な生活習慣!ぬるめの入浴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは

 

今回は快眠のための入浴習慣です。

規則正しい睡眠習慣を心がけることに

よって快眠は、できます。

 

快適な眠りをするためには、毎日の

生活習慣が大切です。

 

入浴について解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

眠り

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
人はどうして眠くなるのでしょうか

なぜ眠るのでしょうか

 

眠りに伴う夢には意味があるのでしょうか

 

眠りをうまくコントロールできないのでしょうか

 

 

 

ぬるめの入浴

91073ca76fc6633073be7d6bee093b96_s
お湯の温度は40度のぬるめの設定にします。

 

15~30分ほどゆっくりつかります。

 

深部体温を上げリラックスしましょう。

 

そうすることで眠りやすくなります。

 

入浴は、運動と同じように快眠をもたらし

ます。

 

無理はしないで、熱いと感じたら湯船から

でたり、半身浴でも効果あります。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

入浴のタイミング

寝る前2時間くらい前が最も効果的です。

 

寝るときまで体のほてりがとれないときは

入浴時間を少し早めにしましょう。

 

体の負担のないようにしましょう。

 

水分補給も忘れずにします。

 

また、熱すぎる温度や、眠る直前の入浴

はかえって目が覚めてしまうことがあります。

 

 

 

血行が良くなる

深部体温が上がると代謝が上がります、

 

その結果血行が良くなるのです。

 

目の病気の予防に、症状の改善に

有効です。

 

さらに適度な運動は夜ぐっすりと

眠ることができます。

 

また、入浴後の爽快感は特別ですよね。

 

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

 

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

 

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。