眼の健康などの視力に関する情報発信

やっぱり怖い?睡眠薬への依存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は睡眠薬への依存です。

 

睡眠薬は安全性はかなり高まって

来ていますが、

睡眠薬だけでなく薬の依存について

解説していきます。

スポンサードリンク



 

薬物依存

睡眠薬だけでなく、薬物依存には

身体依存と精神依存があります。

また身体依存には耐性と離脱症状

があります。

 

 

 

身体依存

薬を使っているうちに効き目が弱くなり

同じような効き目を得るには量を増やさ

ないといけなくなります。

 

さらに薬をやめると禁断症状がでる。

これが睡眠薬依存で身体依存の症状が

あります。

 

 

 

精神依存

覚せい剤や麻薬の依存症は精神依存が

大きな問題です。

 

精神依存は、薬物を服用した時に快感が

生じます。

 

さらにもっと服用したいという強い渇望

がでて、服用回数が増えていくということです。

 

睡眠薬ではこのような症状が出るということ

はないのです。

 

 

 

睡眠薬の依存

睡眠薬を急に休もうとすると、禁断症状が

でてしまい、再び服用してしまうのです。

 

また、睡眠薬を使用して眠れる経験をする

ことで、「睡眠薬がないと眠れないのでは」

という不安になります。

 

 

スポンサードリンク



 

依存のリスク

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、長期間使用

すると依存のリスクが高まります。

 

しかし、非ベンジゾアゼピン系睡眠薬や

メラトニン受容体作動薬、オレキシン受

容体拮抗薬は比較的長い期間服用しても

依存ができにくいです。

 

 

 

眠り

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
人はどうして眠くなるのでしょうか

なぜ眠るのでしょうか

 

眠りに伴う夢には意味があるのでしょうか

 

眠りをうまくコントロールできないのでしょうか

 

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

 

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

 

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。