眼の健康などの視力に関する情報発信

やっぱり怖い?睡眠薬の副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は睡眠薬の副作用についてです。

 

現在主流の睡眠薬も安全性はかなり

高まってきているはずです、

それでも心配な副作用です。

 

解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

眠り

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
人はどうして眠くなるのでしょうか

なぜ眠るのでしょうか

眠りに伴う夢には意味があるのでしょうか

眠りをうまくコントロールできないのでしょうか

 

 

 

ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には、眠気

を催す働きがあります。

 

また、筋肉を緩ませたり、不安を抑えたり

する働きもあります。

 

不眠症で不安や緊張の強い人には効き目が

あります。

 

しかし、日中ふらついて転ぶ人もいます。

 

睡眠薬に依存になりやすい傾向にあると

いえます。

 

 

 

スポンサードリンク


メラトニン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬は作用する時間

が短いので、夜型などリズムが悪い不眠

症の人に有効です。

 

また、効き目がマイルドなので軽い不眠

症や高齢者に効果的です。

 

 

 

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシン受容体拮抗薬は新薬なので

実際に使われてみないとわからない

ところですが、臨床実験では重篤な

副作用はなく、安全性は高そうです。

 

 

 

健忘

健忘は睡眠薬を服用して物忘れが

起こることです。

 

服用後1~2時間の血中濃度の高い

時間帯で起きる記憶障害です。

 

睡眠薬の副作用の一つで、睡眠薬を

飲んだ後のことを覚えていないと

いいます。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は睡眠薬の副作用について

見てきました。

 

睡眠薬は安全性がかなり高まっています

が、副作用がまったくないわけでは

ないのですね。

 

 

睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

 

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

 

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。