眼の健康などの視力に関する情報発信

色覚異常の見え方のテストとは?治療法が知りたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


「色覚異常の人の見てる景色は白黒なの?」


「運転免許って取れるの?」


このような疑問を持ったことは

ありませんか?


今回は色覚異常似ついて解説します。




スポンサーリンク




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6257485982177911"
data-ad-slot="1250186980"
data-ad-format="auto">








色覚異常とは




色覚異常には、先天色覚異常と後天色覚異常があります。



先天色覚異常は遺伝で、

後天色覚異常は目や脳内の病気などに関係してきます。




色覚異常の見え方のテスト






色覚異常では隣り合った色などが見分けにくいことがあります。

見分けにくい色の組み合わせは


赤 緑

青 紫

ピンク グレー

オレンジ 黄緑

茶 緑

緑 黒

黒 赤

ピンク 水色

 

 


色覚異常の治療法

084962

後天色覚異常の場合、治療によって

ほとんど治ります。



しかし先天色覚異常の場合は遺伝なので

治りません


しかしこれはたいした問題ではありません



色覚異常は本人の注意と周囲の理解により、


支障なく生活が送れます。




まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
色覚異常者は正常者と異なるものの、

白黒の世界ではなく異常の程度に

応じた色の世界を持ち、日常生活を

不自由なく送ることができます。



普通免許も取得が可能です。


先天色覚異常は遺伝で

もって生まれたもの。



だれしも遺伝障害はあるものです・


色覚異常を誤解しないで

偏見をしないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。