眼の健康などの視力に関する情報発信

ふわふわしたふらつきが治りません。前庭神経炎の症状や原因を知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは

前庭神経は三半規管や耳石器から脳へ

平衡感覚をつかさどる器官です。

 

前庭神経が障害を受ける病気の一つに

前庭神経炎があります。

 

解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

前庭神経炎の症状

前庭神経炎では、突発的な回転性の

めまいが数時間から数日続きます。

 

さらにめまいが治まってもふらつく

感じが数か月続くことがあります。

 

 

スポンサードリンク


前庭神経炎の原因

発症しやすい年齢は30~50歳代が

中心に多く見られます。

 

しかも高齢者の人にも見られます。

 

病気の確かな原因ははっきりとはわかって

いません。

 

風邪などにかかった後などに発症しやすい

のでウイルスが原因ではないかと言われて

います。

 

 

 

前庭神経炎の治療

急性の治療は安静にして、

めまいを抑えるための炭酸水素ナトリウム



おう吐を抑える薬を点滴します。

さらに炎症を抑える副腎皮質ホルモンの

点滴も行います。

 

また、慢性期になると、血流改善薬、

血管拡張薬。、ビタミン剤などを用いた

治療を行います。

 

前庭神経炎はほとんどが治療により

1~3か月で回復します。

なかには、なかなか改善されないで

めまいやふらつきが長く続いてしまう

人もいます。

しかし必ず症状は回復しますので

気長に病気と付き合っていきましょう。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。