眼の健康などの視力に関する情報発信

不眠の原因は?ストレスで眠れないことがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は不眠のメカニズムです。

 

不眠が起こる原因として、

 

過覚醒

リズム異常

恒常性異常

があります。

 

詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

 

不安やストレスで眠れない

神経質で心配性の人がストレスを受け

ると、眠れなくなります。

 

さらにそのストレスが解消されたあと

でもストレスの緊張が続いていること

があります。

 

このような不眠のほかに、警戒心が強く

なり、ちょっとしたことに過敏に反応

するといった状態が続くことを

過覚醒

といいます。

 

 

 

夜型による不眠

夜型の人は眠りの時間帯がほかの人と

ずれているため、自分の睡眠リズムを

社会生活に合わせることができないのです。

 

ほかの人とは体内時計があわないのです。

 

 

こういう体質の人を

リズム異常

といいます。

 

 

 

恒常性の異常

ヒトに体には外部環境に左右されず

体内環境を一定に保っています。

 

それが恒常性という仕組みです。

 

この仕組みが睡眠と覚醒のバランスを

とっているのです。

 

恒常性が異常を起こすと不眠症の原因に

なります。

 

 

 

不眠の治療

不眠の治療は不眠の原因が

過覚醒

リズム異常

恒常性異常

のうちのどれかの課を正しく把握する

必要があります。

 

 

 

 

眠り

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
人はどうして眠くなるのでしょうか

なぜ眠るのでしょうか

眠りに伴う夢には意味があるのでしょうか

眠りをうまくコントロールできないのでしょうか

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

スポンサードリンク



それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。