眼の健康などの視力に関する情報発信

脳梗塞でめまいや平衡感覚の乱れが起きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは今回は脳梗塞でめまいです。

 

急激なめまいが起きる脳梗塞の症状

について解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

脳梗塞とは

脳の血管が詰まることで脳の組織が

死んでしまう病気です。

 

一刻も早く処置が必要なのです。

 

脳幹や小脳に血液を送っている

血管が詰まってしまうことで、急激な

めまいや平衡機能に乱れが生じます。

 

 

ワレンベルク症候群

脳幹部の延髄の外側と小脳下部の血管である

後下小脳動脈で起こる梗塞を

ワレンベルク症候群といいます。

 

症状は回転性の激しいめまいと嘔吐

頭痛、嚥下障害、転倒、感覚障害

などが生じます。

 

 

 

前下小脳動脈

前下小脳動脈の梗塞は、回転性のめまい

難聴、耳鳴り、顔面神経麻痺、運動障害

感覚障害なども起こします。

 

 

一過性脳虚血発作

脳梗塞による卒中の前触れとして

一過性脳虚血発作が起こります。

 

この一過性脳虚血発作になると

一時的に脳の血流が途絶え、めまいや

手足のしびれ、意識障害、などが生じ

ます。

 

24時間以内には元の状態に回復しま

す。

 

しかしそのまま治療を受けないと

脳梗塞になる可能性があります。

 

 

 

スポンサードリンク


脳梗塞の対処法

めまいのほか顔や体の一部の感覚が

おかしいなどの症状が脳梗塞が疑われ

ます。

 

救急車を呼び病院に行ってください。

急性期には脳圧を下げるための治療や

血管のつまりを溶かす治療が行われ

ます。

 

症状が安定したら、脳の血流を改善

するためや血管のつまりを予防する

薬を用いられます。

 

症状によっては手術を行います。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。