眼の健康などの視力に関する情報発信

糖尿病と不整脈による目の病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は糖尿病と不整脈です。

 

糖尿病は自覚症状があまりなく

血糖値がかなり高くなってもなかなか

受診することをしないのです。

 

スポンサードリンク



 

 

糖尿病

糖尿病の多くは過食や肥満、運動

不足、ストレスなどの生活習慣によって

起こります。

 

進行はかなりゆっくりとした速さです。

 

早期発見は定期検診や人間ドックなどに

よるものがほとんどです。

 

糖尿病は進行すると末梢の血管障害や

自律神経障害、目の網膜症など様々な

合併症が出てきます。

 

 

糖尿病の治療

糖尿病の治療薬が効きすぎ、血糖値が

下がりすぎた場合もめまいや立ちくらみ

が起こります。

 

さらに糖尿病は動脈硬化を促すため、

脳の病気の心配も出てきます。

 

糖尿病は薬物療法や食事療法、運動

療法などで正しい治療をしましょう。

 

 

スポンサードリンク



 

不整脈

心臓の鼓動のリズムが乱れる病気を

不整脈といいます。

 

心臓の鼓動が早くなるものを頻脈性不整脈

心臓の鼓動が遅くなるものを徐脈性不整脈

といいます。

 

心臓のリズムが極端に遅くなると、脳への

血流が不足したり途絶えたりします。

 

これがめまいや失神を引き起こすことも

あります。

 

この治療はペースメーカー埋め込みます。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

そんな時は目の負担も大きくなっています。

 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。