眼の健康などの視力に関する情報発信

目に影響も?生活習慣病の予防に減塩生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

様々な目や全身の病気を引き起こす

動脈硬化や高血圧、糖尿病などの

生活習慣病を予防するために

食事で気を付けたいのは塩分量です

 

そこで今回は「塩分は控えめに」に

ついてです。

 

スポンサードリンク


一日の塩分量

成人では一日の塩分量は10g以下が

望ましいといわれています。

 

塩分はパンや麺など多くの加工食品に

含まれています。

 

塩分は気が付かないうちに多量に摂取

してしまうこともあります。

 

日本人は塩分を平均12g摂取していて

基準値を超えてしまっています。

 

 

 

動脈硬化や高血圧の人の塩分量

健康な人の塩分は10g以下ですが

高血圧や動脈硬化の人などは、一日7g

以下に抑えたほうがいいのです。

 

生活習慣病を予防するならこの一日7g

以下を目安として食生活の工夫を目指します。

 

 

 

減塩のコツ

塩で味を濃くしなくても酸味や食材の

うまみをいかしたり、風味を豊かにして

食事を味わい深くおいしくいただけます。

 

さらに野菜をたくさん取ることによって

塩分の排出を促し減塩効果を高めます。
有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。まずは安心食材を試してみませんか?

食事の工夫として

・天然のだしで素材の味を引き出す

・みそ汁のみそを減らし野菜をたくさん入れる

・市販のドレッシングは塩分が多いので

 自分で作る

・物足りないときはレモンなどをアクセント

 として使う。

h2>まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。