眼の健康などの視力に関する情報発信

夜眠れないのは何が問題で何が原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!!

今回は不眠の原因です。

 

夜眠れないことには、原因はたくさん

ありそうですよね。

 

不眠につながる原因について解説

していきます。

 

スポンサードリンク



 

ストレスが原因

神経質で生真面目な人はストレスを

強く感じてしまい、それが不眠症に

つながります。

 

ストレスと緊張が睡眠を妨げるのです。

 

さらに不眠状態そのものがストレスとなり

不眠の悪循環を引き起こしてしまいます。

 

 

 

体の病気が原因

高血圧や動脈硬化などなど、体の病気が

原因となって不眠症になることがあります。

 

病気による自律神経への影響や病気の

症状によって眠れなくなってしまうのです。

 

これらは原因となる病気の治療を行い

ます。

 

病気が治れば不眠も治ります。

 

 

 

心の病気が原因

うつ病などの精神疾患の症状として、不眠

があります。

 

うつ病の不眠では朝早く目が覚めてしまうが

朝方は無気力で夕方にかけて元気が出てくる

ような傾向があり、眠れないのです。

 

早めに精神科、心療内科の受診してください。

 

 
スポンサードリンク


薬や刺激物が原因

不眠になりやすい薬とは、降圧薬や甲状腺

ホルモン製剤、抗がん剤などです。

 

また薬以外の刺激物として、コーヒーなどに

含まれるカフェイン、

たばこに含まれるニコチンには覚醒作用

あり、眠れないのです。

 

さらにカフェインには利尿作用もあり、

夜間の頻尿になり睡眠を妨げます。

 

 

 

生活のリズムの乱れが原因

海外旅行などの時差ボケなど生活の

リズムが狂うと、ホルモンのバランスが

崩れてしまいます。

 

その結果不眠になります。

 

生活を規則正しいいリズムを取り戻すと

治ってきますが、年齢を重ねるとなかなか

回復しづらくなります。

 

 

 

環境が原因

周りの音や光が気になって眠れなくなる

ことってありますよね。

 

話し声や、生活音、工事の音、車の騒音

電光掲示板の照明などの環境はねむりに

影響します。

 

人によってはわずかなものでも眠れなく

なってしまいます。

 

また暑い、寒いなどや、寝具の具合で

眠れない人もいます。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

 

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

 

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。