眼の健康などの視力に関する情報発信

めまいと目の動きの関係がある?目の動きが変!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は目の動きの検査についてです。

めまいと目の動きには関係が深いのです。

 

体のバランスを崩すと目の動きが、

コントロールできなくなり、目の動きが

不自然です。

 

そこで目の動きの検査について解説して

行きます。

 

スポンサードリンク



 

注視眼振検査

裸眼でものを見つめ、視点を上下左右に

動かすなかで、眼振が現れるが調べます。

 

 

 

非注視眼振検査

フレンツェルメガネまたは

赤外線CCDカメラを装着して検査します。

 

フレンツェルメガネをかけると目が拡大され

眼球の動きを仔細に観察できるもの。

 

赤外線CCDカメラはゴーグルのようなもの

に小型のカメラがついていて、眼振の様子を

撮影できるものです。

 

 

頭位眼振検査

仰向けに寝た状態で頭を左右に動かし眼球の

動きを調べる、

 

 

頭位変換眼振検査

まっすぐ座った状態から仰向けになり、

頭を垂れ下げた状態にして眼球の動きを調べる。

 

 

温度刺激検査

耳の中に冷水や温水をいれます。

 

その刺激によってめまいを調べます。

 

この検査で平衡感覚をつかさどる前庭

器官の障害を調べます。

 
スポンサードリンク


指標追跡検査

左右に振れる振り子名の目の前を通過する

目的物を見ます。

 

眼球の動きが電気眼振計で波形が自然な

線を描くか調べます。

 

脳に障害があると線がギザギザになります。

 

 

 

視運動性眼振検査

視刺激装置を使い、目の前を規則的に動く

対象物を見るときの眼振を観ます。

 

脳に障害があると眼振の動きが不規則に

なります。

 

 

 

回転刺激検査

頭を回したときの眼振を観ます。

 

正常な場合、回転と反対方向に眼振が

見られます。

 

 

 

電気眼振検査

耳の後ろに電流を流し、体の傾きを見て

前庭器官に障害があるか、またほかの部位に

障害があるが調べます。

 

前庭器官に障害があると体は反応しません。

 

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
めまいと関係の深い目の動きの検査について

見てきました。

めまいと眼球の動きには密接なかかわりがあり

何らかの原因でバランスと崩すと、目の動きの

コントロールができなくなります。

そこで目の動きを調べる様々な検査をするのですね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。