眼の健康などの視力に関する情報発信

目の健康のための目の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は目を健康に保つため

加齢による目の衰えに付き合って

目を気持ちよく使う方法についてです。

 

スポンサードリンク



 

目を休める

ヒトは起きている間中、目を休みなく

働かせています。

 

パソコン、スマートフォンなど我々の

目は忙しくなります。

 

目も酷使すれば疲れます。

 

体が疲れたら休むように、時々目も休憩を

するようにしましょう。

 

目を休めるには、遠くを見るだけでも調節

機能が働かないことになり、疲労回復に役立ち

ます。

 

手元の細かい作業をする人も、そこから視線を

外し、目をつぶって一休みです。

 

目を冷やしたり温めたりすることも、目の

疲れにはいいです。

 

目をつぶって、冷やしたり温めたタオルを乗せ

るだけで目の疲れも軽くなります。

 

 

矯正する

目に合っていないメガネをかけていることも、目

が疲れる原因です。

 

目の調節力は年齢とともに変化します。

 

老眼鏡を使ったとしても目に合っていなければ

結局無理して調節して見るということなります。

 

自分の目の屈折や調節の状態を正確に知り、

それに合った矯正をするのが、目を健康に

保つコツです。

 

老眼鏡は老眼の進行に合わせて、2~3回

靴りなおすことになります。

 

体の健康

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

 

スポンサードリンク



 

 

早期発見

年齢とともにものが見えにくくなると

老眼だと思いがちです。

 

しかし見えにくくなった原因は老眼だけ

とは限りません。

 

ほかの病気が隠れていることもあります。

老眼の場合は手元が見えにくくなっても

遠くは今までと変わらず見えます。

 

老眼鏡を使えば近くも見えます。

 

近くだけでなく遠くも見えなくなった

老眼鏡をかけてもはっきりと見えない

そんな時は老眼以外の原因が潜んでいる

可能性があります。

 

早めの検査で早期発見を心がけましょう。

 

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は目を健康に保つため

加齢による目の衰えに付き合って

目を気持ちよく使う方法について見て

来ました。

 

まとめると

目を酷使している人は時々目を休める

目の屈折状態や年齢に合った矯正を

する。

身体の調子を整えること

目の異常や病気の早期発見を心がける

ということですね。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。