眼の健康などの視力に関する情報発信

ブルーライトは悪いの?悪くないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

今回はブルーライトです。
最近ブルーライトカットメガネなども出て

ブルーライトは悪いものというイメージ

ですが、本当のところはどうなのでしょうか

解説していきます。

スポンサードリンク


ブルーライトって何?

4bcf8ae7c7ba2e1ab9fd972e796642e0_s
波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。

 

ヒトの目で見ることのできる光の中でも、

もっとも波長が短く、

強いエネルギーを持っています。

 

角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

パソコンやスマートフォンなどのディスプレイには、

このブルーライトが多く含まれています。

 

 

PCやスマホを長い時間使っていると

ブルーライトにさらされてしまいます。

 

 

 

ブルーライトの役目

ブルーライトには体内時計を調節する

役割があります。

 

ヒトは長い間、朝になると日光のブルーライトを

浴びて目を覚ましてきました。

 

そしてブルーライトがなくなる夜になると寝る、

という暮らしをしてきました。

 

ブルーライトがなければ電気をつけて

明るくても、夜という認識をしていました。

 

 

スポンサードリンク


体内時計

夜にブルーライトを浴びると、夜であっても

今は昼なんだと間違った判断をしてしまうの

です。

 

そのため、人間の体内時計に刻まれたリズムが

乱れてしまいます。

 

そうなると、体温、心拍、血圧、血糖値

ホルモンの分泌も乱れてしまい、睡眠障害

や鬱、、肥満、糖尿病、高血圧、がんになる

リスクも上がります。

 

 

夜のブルーライト

有害なのが夜のブルーライトです。

昼間はブルーライトは浴びたほうがいいのです。

昼間のブルーライトが不足すると、やはり生命を

維持するリズムが崩れるのです。

 

 

 

サプリで対策

8cf127575d21b79ee58aa75b9d70bd55_s
ブルーライトは強いエネルギーを

もち直接網膜にまで影響を及ぼします。

そのダメージの軽減に最も効果があるのが

ポリフェノールです。

 

しかしポリフェノールは体内では作られません。

だから食事やサプリから補う必要があります。
↓↓↓
ブルーライトメガネだけではスッキリしない方必見!

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
ブルーライトは体内時計のために必要なのですね。

ブルーライトは悪いだけではないということですね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。