眼の健康などの視力に関する情報発信

目に起こる不快な症状の原因は全身の病気の可能性もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!!

今回は全身の病気で起こる目の不快感です。

 

どのような病気が目に症状を起こす

のでしょうか解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

糖尿病

糖尿病の合併症として糖尿病網膜症があります

 

初期のころは自覚症状がなく、いきなり

視力が低下していきます。

 

糖尿病による白内障はまぶしさを感じやすく

糖尿病による緑内障は目の痛みやかすみ

などが起こります。

 

目の症状の複視から糖尿病が見つかる

こともあります。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の合併症の

アトピー性結膜炎は目のかゆみ

充血、目ヤニ、涙などの症状が

起こります。

 

白内障が若くして起こりやすく

目のかすみ、視力低下が起こります。

 

 

高血圧、動脈硬化、腎臓病

網膜の血管も障害が受けやすくなり

出血やむくみなどを起こし

視野の欠けや視力低下、飛蚊症などの

症状があります。

 

スポンサードリンク



 

膠原病、自己免疫疾患

シェーグレン症候群によるドライアイや

ベーチェット病、サルコイドーシス、

原田病があるとぶどう膜炎をおこし

まぶしい、目の痛み、充血、視力低下

などの症状が現れます

 

 

バセドウ病

目の症状として、複視が起きやすく

眼球が飛び出ることも起こります。

 

脳の病気

脳腫瘍や脳血管障害などによって

複視、視野の欠け、瞼が下がったまま

になる、などの症状が起こります。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は全身の病気で起こる目の不快感について

みてきました。

 

治療は原因の病気に対する治療を行うのですね。

人は日常生活では両方の目で見てるので、

症状のないほうの目がカバーしてしまうので

不自由さは感じないでしょう。

そこで片方の目の見え方をチェックしてく

ことが重要になります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。