眼の健康などの視力に関する情報発信

視神経の病気は突然視力が低下する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

視神経の病気は突然視力が低下する

 

こんにちは

今回は視神経の病気についてです。

 

視神経が何らかの原因で障害を受けると

ものを見る働きも失います。

 

そこで視神経が障害される病気を

解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

 

視神経症・視神経炎

視神経が障害される代表的な病気が

「視神経炎と視神経症」です。

 

視神経の炎症によるのが

「視神経炎」

炎症以外が

「視神経症」です。

しかし、これらは鑑別が付きにくいので

両者を合わせて

「視神経炎(症)」

と呼ばれます。

 

 

 

炎症の原因

炎症の原因には、慢性副鼻腔炎や

多発性硬化症もあります。

 

しかし不明の場合が多いです。

 

非炎症のものでは、視神経に酸素や

栄養を供給する血管が詰まって起こる

「虚血性視神経症」

が中高年に多く見られ、高血圧や糖尿病

等の全身の病気がある人に見られます。

 

 

そのほか腫瘍などによる視神経の圧迫

薬物中毒、バセドウ病、遺伝

等が原因のものもあります。

 
スポンサードリンク



 

中心暗点

視神経炎・視神経症では急激に

視力が低下して、視野の真ん中の

見ようとするものが見えなくなります。

 

それが中心暗点と呼ばれるものです。

 

 

治療

視神経炎・視神経症の治療は

それぞれの原因に応じて行うことに

なります。

 

ただし、視神経炎の急性期には

強い炎症を鎮める目的でステロイド薬

が用いられることがあります。

 

 

 

乳頭浮腫

眼球から視神経が出ていく部分を

視神経乳頭といいます。

 

この視神経乳頭がむくんで腫れあがった

状態を乳頭浮腫といいます。

 

視神経炎の一種の乳頭炎と似た症状ですが

乳頭浮腫は脳腫瘍や髄膜炎、くも膜下出血

等の脳の病気がうたがわれます。

 

乳頭浮腫が見つかったら、直ちに脳神経外科

神経内科を受診してください。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は視神経の病気について

みてきました。

 

人は目に入った光が網膜に像を結び

その情報が脳に伝えられて初めて

ものを見ることができます。

網膜から脳へ情報を伝達するのが視神経で

その視神経が何らかの原因で障害を受けると

ものを見る働きが失われてしまうのですね。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。