眼の健康などの視力に関する情報発信

加齢黄斑変性の人が気を付ける日常生活の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は加齢黄斑変性がある人の

日常生活における注意点について

解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

加齢黄斑変性とは

 

網膜の中心部の黄斑部が変性して障害が

起こるのが加齢黄斑変性です。

 

見ようとするところが見えなくなり

黄斑部の中心窩に障害が起こると

著しい視力低下が起こります。

 

加齢黄斑変性は欧米では失明原因の

第一位の病気です。

 

日本でも50歳以上の80人に一人の割合で

高齢になるほど発症率は上がり

男性に多い病気です。

 

 

早期発見

加齢黄斑変性は治療といっても

病気をなくしたり、もう進行しない

というようにはできないものなどです。

 

 

治療後も定期的に検査して、再発を

防止しましょう。

 

自分でも見え方に異常がないかチェック

をしましょう。

 

何か異常に気が付いたらすぐに受診して

早期発見に役立てます。

 
スポンサードリンク


危険因子を減らす

加齢黄斑変性は目の生活習慣病といわれ

生活習慣の改善によって避けられるもののあります。

 

喫煙者は禁煙

タバコを吸う人は吸わない人に比べて

3~4倍も加齢黄斑変性の発症率が

高いです。

 

タバコを吸っている人はまず禁煙です。

 

 

紫外線から目を守る

紫外線により黄斑部の視細胞が障害を

受けます。

 

外出時には帽子をかぶったり

サングラスをかけたりして日光から

目を守りましょう。

 

 

食生活に気を付ける

加齢黄斑変性の予防に役立つ栄養素を

とりましょう。

 

・亜鉛ーカキなどに多く含まれる

・ビタミンA・C・Eーニンジン・ブロッコリー

モロヘイヤなど緑黄野菜

・ルテインーほうれん草、ケールなどに

多く含まれる

・オメガ3脂肪酸(DHA・EPAなど)

青魚に含まれる

これらの抗酸化作用を持つ成分には、加齢黄斑変性

の発生を抑える働きがあります。

 

 

肥満

肥満も危険因子の一つです

肥満がある人は肥満解消に努力しましょう。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は加齢黄斑変性がある人の

日常生活における注意点について

みてきました。

 

定期的な検査で再発を注意

危険因子を減らして進行を抑える

という内容でした。

 

加齢黄斑変性は左右の目が同時に発症する

ことはないので症状も片側の目に現れます。

人は日常生活では両方の目で見てるので、

症状のないほうの目がカバーしてしまうので

不自由さは感じないでしょう。

そこで片方の目の見え方をチェックしてく

ことが重要になります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。