眼の健康などの視力に関する情報発信

続発緑内障はほかの病気が原因です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!!

今回はほかの病気が原因で起こる

続発緑内障です。

 

緑内障の中にはほかの目の病気や

全身の病気、外傷、薬物などが原因で

おこる緑内障があります。

 

これらを続発緑内障と呼びます。

どのようなものがあるのでしょう

解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

落屑緑内障

 

原因不明でコラーゲンがはがれ

全身の様々な臓器に蓄積する

落屑症候群

という病気が原因の緑内障です。

 

落屑症候群の約30%が緑内障を併発する

のです。

 

この緑内障は高齢者の失明原因となると

現在最も注目されています。

 

落屑緑内障は水晶体表面などにフケのような

物がはがれ繊維柱体につまってしまい

その結果眼圧が上がり緑内障になるのです。

 

治療は主に点眼薬により行われます。

 

 

ステロイド緑内障

 

ステロイド薬を長期にわたって使用して

いると、眼圧が上がることがあります。

 

ステロイドの点眼薬では一か月以上使い

続けると30~40%で眼圧が上がります。

 

ステロイドは内服薬や軟膏、点鼻薬などでも

眼圧の上昇がみられます。

 

ステロイド薬の使用を長期間にわたる場合

目の検査も定期的に受けましょう。

 

 

ぶどう膜炎に伴う緑内障

 

虹彩、毛様体、脈略膜をあわせてぶどう膜

と言います。

 

ここの炎症をぶどう膜炎といいます。

 

ベーチェット病、サルコイードシス

原田病などの膠原病、自己免疫疾患

が代表的なぶどう膜炎の原因です。

 

炎症物質が線維柱帯につまって、眼圧が上がり

緑内障になります。

スポンサードリンク



 

血管新生緑内障

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などで

新生血管が作られます。

 

その新生血管が隅角を閉塞させて眼圧が

上がり、緑内障になります。

 

 

外傷性緑内障

 

目を強く打った!

などにより隅角が障害を受け、緑内障が

起こることがあります。

 

隅角の構造的な変化により、何年かたって

から眼圧が上昇し緑内障になることもあります。

 

 

緑内障の早期発見
084962

 

緑内障は病気が進むと元には

戻れません。

 

ただし早期に発見すれば進行を

食い止めることができるのです。

 

それで日常生活が支障なく過ごせ

ます。

 

緑内障による失明を防ぐためには

早期発見が重要になります。

 

自覚症状が出てからだと遅いので

40過ぎたら眼科の検診を受けましょう。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
緑内障の原因がほかのところにある続発性緑内障

落屑緑内障

ステロイド緑内障

ぶどう膜炎緑内障

血管新生緑内障

外傷性緑内障

などを続発緑内障と呼ぶのですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等
してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。