眼の健康などの視力に関する情報発信

加齢黄斑変性になったら車の運転はダメです、早期発見で治る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

年齢を重ねると身体のいろいろなところで病気がでてくることがあります。


加齢黄斑変性は一般には馴染みの薄い病名かもしれませんが、


欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気です。




日本の生活の欧米化によって


日本でも失明患者が増えています。


「欧米か!!」





今回は加齢黄斑変性似ついて解説します。





スポンサーリンク







加齢黄斑変性とは


092968 加齢により網膜の中心部でモノを見るとき

に重要なはたらきをする黄斑

この黄斑という組織が、加齢とともに

ダメージを受けて変化し様々な症状が出ます。



モノがゆがんで見える、


視野の中心が暗くなる


視野が欠ける、


視力が低下するなどの症状が出ます。



加齢黄斑変性は車の運転はいいの?

7959954cfc090c894fba7b71fcde37c5_s

結論から言うと


運転は控えたほうがいいですね


禁止されているわけではないので


加齢黄斑変性の人も運転はしているが


やはり危険ですね




それに重症だと免許の更新はできないでしょう。


加齢黄斑変性の早期発見



年齢だから仕方がないと思わないで

少しでも異変を感じたら眼科に

検査を受けたほうがいいですね。




予防法として

第一に食生活の見直しですね



肉中心の食事より、魚中心の食事のほうが良いです。




次に禁煙です。

喫煙者のほうが加齢黄斑変性になる確率が高いです。




そしてサプリを積極的に取り入れましょう。




【ファンケル】通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!


加齢黄斑変性は治るのか


残念ながら萎縮型の

治療の目的は脈絡膜新生血管の拡大を


抑え退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。


視力が正常になることはほとんどありません。


加齢黄斑変性には現在のところ完全な治療方法はありません。





まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
黄斑が、加齢とともに変化し

様々な症状が出ます。



そして予防法として

禁煙

食事

サプリメント


でしたね

完全な治療法はないので


きちんとした予防に心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。