眼の健康などの視力に関する情報発信

睡眠のレム睡眠とノンレム睡眠、夢見るのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!!

今回は2種類の睡眠です

 

催眠にはレム睡眠とノンレム睡眠が

あるのはよく聞きますね

ではどう違うのでしょうか

解説していきます。

スポンサードリンク



 

眠り

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
人はどうして眠くなるのでしょうか

なぜ眠るのでしょうか

眠りに伴う夢には意味があるのでしょうか

眠りをうまくコントロールできないのでしょうか

 

レム睡眠

レム睡眠というのは

「急速眼球運動を伴う睡眠」

です。

 

眼球が瞼の下で動くことです。

体はぐったりしているのに

脳は覚醒に近い状態になって

夢を見ていることが多い状態です。

 

つまり、ぐったりとして眠る睡眠です。

 

ノンレム睡眠

 

レム睡眠でない眠りという意味です。

 

ノンレム睡眠は安らかな眠りです。

 

ぐっすりと眠る睡眠です。

 

2種類の睡眠

健康な成人ではノンレム睡眠とレム睡眠

が約一時間半の単位を作りいくつかの単位が

まとまって一夜の眠りを構成しています。

 

最初の三時間の間に、大変質のいい眠り

が現れます。

 

それ以後は浅いノンレム睡眠と

レム睡眠の組み合わせとなります。

 

各単位の終了時に目覚めやすくなります。

 

 

スポンサードリンク


2種類の睡眠の役割

ノンレム睡眠は大脳を休ませ回復させる

眠り。

 

レム睡眠は大脳をノンレム睡眠の状態から

目覚めさせる眠りです。

 

これは、レム睡眠は脳が発達していない

生物の眠りといえます。

 

進化に伴いレム睡眠では足りない機能を

ノンレム睡眠が補うように発達したもの

です。

 

体温、呼吸、血液循環、ホルモン分泌

などをノンレム睡眠で調節することが

できます。

 

ある程度の緊張感を持つこともできます。

ノンレム睡眠は高等動物の脳が開発した

高い技術を持った睡眠です。

 

 

これらノンレム睡眠とレム睡眠は

脳が脳自身を休ませるために作り出した

高度の生存戦略として現れたといえます。

 

まとめ

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_l
 

今回は2種類の眠りについて

見てきました。

 

ノンレム睡眠はぐっすり眠る

レム睡眠はぐったり眠る

脳の進化によりノンレム睡眠が開発された

ということでした。

 

睡眠は個人差の大きいものであり

また柔軟性に富んでいます。

 

自分の眠りをコントロールすることが

できれば、生活の質を高め、健康を維持し

人生を充実させることができます。

 

そのために睡眠を正しく理解し活用する

ことが必要ですね。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。