眼の健康などの視力に関する情報発信

アスタキサンチンで緑内障を予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

老化によっておこる目の病気で

白内障に並んで多いのが緑内障です

 

今回は「アスタキサンチンが

緑内障を予防する」について

見ていきましょう。

 

スポンサードリンク



 

緑内障とは

緑内障とは、視神経に障害が起こり、

視野が狭くなる病気のことです。

 

治療が遅れると失明することもあります。

症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。

 

しかし、その進行は非常にゆっくりで、

両方の目の症状が同時に進行することはないので

病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんど

ないのが特徴です。

 

緑内障は老化によって起こる代表的な病気のひとつです。

 

 

緑内障の原因

人の体は血液によって酸素や栄養を

取り込み、老廃物を排出しています。

 

しかし水晶体や角膜などは血管がないので

血液に代わり酸素や栄養を運んでいるのが

眼球を常に満たしている房水です

 

緑内障はこの房水が活性酸素によって

詰まるのが原因の一つです。

アスタキサンチン

 

鮭などの赤色の成分がアスタキサンチンです。

アスタキサンチンはビタミンEの約1000倍の

抗酸化作用があります。

 

バターに含まれるビタミンAは、涙の量を増やして

目の粘膜を保護し、暗い場所でも目が見えるように

光や色を感受する機能を助けます。

 

この2つの食材を使ったのが

鮭のバター焼き

です。

 

アスタキサンチンはエビやカニ

イクラ、海藻など海で採れる食材に

多く含まれていいます。

 

 

スポンサードリンク


鮭のバター焼き

6561a6119be85a495af8f6387c3094d4_s
材料

鮭・・一切れ

無塩バター・・10g

酒・・大さじ1/2

1、鮭に酒をかけ5分ほど置きます

2、熱したフライパンに鮭を入れ

蓋をします。

6~7分蒸し焼きにして

裏面も焼く

3、全体に火が通ったら、

最後にバターを落とし風味をつけます。

4、完成

 

 

 

まとめ

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_l
 

緑内障を予防するアスタキサンチンの

摂り方についてみてきました。

 

鮭など海のものに多く含まれる

アスタキサンチンを目にいい食材の

バターと一緒に摂取することで

活性酸素を制御し、

房水の循環を促して

緑内障を予防しましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。