眼の健康などの視力に関する情報発信

ドライアイの原因や症状で分類できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!

今回はドライアイのタイプ別

症状と原因について解説していきます。

 

それでは見ていきましょう。

 

スポンサードリンク



 

 

ドライアイとは

 

涙の量や質が減ることによって

目の表面の潤いが低下した状態が

ドライアイです。

 

日本には現在800~2200万人もの患者が

います。おもにパソコンで仕事を

している人の3人に1人が

ドライアイである。

 

涙液蒸発型

b20f103002e11d113801d21c504890ef_s 蒸発が多くなるため目の渇きを訴える

ものです。

軽度のドライアイはここに含まれます。

 

瞬きの減少や油の不足、環境が乾燥している

 

などが原因です。

 

しかも涙が目の表面にとどまっていられない

「BUT短縮型」

が最近増えてきています。

 

これは慢性のアレルギーや

コンタクトレンズを長く使っていると

角結膜の表面が傷み、涙が定着しにくく

なるためです。

 

 

涙液減少型

シェーグレン症候群などの病気のため

涙腺そのものが破壊された場合

 

反射性の涙は出るのに基礎分泌性の涙は

出ないケースです。

 

原因はまだ解明されていません。

 

 

スポンサードリンク


ウエットタイプ

593340
 

いつも涙があふれてしまう、

 

いつも涙目という人はこのタイプです。

 

ドライアイとは正反対ですよね。

 

 

しかしドライアイが原因で涙が

出てしまう状態があるのです。

 

 

検査ではBUTの短縮、フルレオセイン

染色、自覚症状の症状があれば

ドライアイと診断されます。

 

 

涙の状態が悪く、目の表面に傷ができて

それが刺激となって涙が増えてしまい

涙があふれてしまいます。

 

 

なかには涙の排出がうまくいかないで

涙があふれる場合もあります。

鼻涙管の閉塞や瞼開閉の機能低下などに

よるものです。

 

 

まとめ

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_l
今回はドライアイのタイプ別

症状と原因について解説していきました。

 

一口にドライアイといっても

実はその病気は非常に複雑なのですね

いろいろな要因が絡み合っていたりと

非常に面倒ですね。

 

 

なかなか症状が回復しない場合

ドライアイ専門医に相談しましょう

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。