眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼を防ぐために保湿・睡眠・ビタミン・ストレス解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!!

目は小さい器官ですが、非常に重要な

臓器といえます。

 

過酷な労働を強いられています。

 

今回は目を若返らせることについて

見ていきます。

スポンサードリンク


目の病気は気づきにくい

1aea0423eed34b4dc2de9dc829a6923c_s
目は左右2つで補い合っているので

異常の発見が遅れてしまいがちです。

 

また目はモノを見るときピントを合わせて

そのほかは見えていない状態もよくあります。

 

これは意識していないとなかなか気が付きにくい

ものです。

 

目を若返らせる

 

目の病気は気づきにくいですが

内臓年齢や肌年齢が日常生活の工夫で

若返り、病気や衰えから守ることが

できるように、目も若返ります。

 

目を若返らせるためには

a8f5dde5ab70917635a8316360293c1c_l
部屋を保湿する。

しっかり睡眠をとって目を休める

ホットタオルを目に当てるなどが良いです。

 

 

ホットアイパック

338397
目の周りの血行がよくなり老廃物が流され

油の分泌がうながされ質のよい涙ができます。

 

1、タオルを水で濡らして軽く絞ります。

電子レンジで温めます。

40℃位がちょうどいい温度です。

 

2、軽く目を閉じまぶたの上にタオルの乗せます

タオルが冷えてきたら新しいタオルと交換します。

10分くらい行ってください。

 

 

目の油だしマッサージ

マッサージで血流を促します。

目全体が活性化し油の分泌が促され

涙の質が改善されます。

 

1、まぶたの上下の油の分泌線に沿って

上から下、下から上に軽くマッサージします。

眼球を圧迫しないように注意します。

 

2、目の周りの血流に沿って内側から

外側に向けなでる。

 

3、上下のまぶたをやさしくつまんでください。

これでまぶたの油がよりスムーズに分泌します。

 

スポンサードリンク


目の体質改善

体の中からのアプローチも有効です。

水分補給をして血液をサラサラに保ちます。

一日2リットルが目安です。

ビタミン

ビタミンやミネラルが取れる食事を

心がけます。

 

サプリで手軽にビタミン補給をしましょう。

 

ビタミンCをとりましょう。

 

水晶体はビタミンCの塊

水晶体が加齢によって濁る白内障も

ビタミンCを摂ることによって

抑えられます。

 

さらに食事は腹八分目です。

 

 

ストレス

7b968e0f0fd7a207a9c17b96f875f195_l
ストレス発散のため山歩きなどおすすめです

遠くの景色を見ることによって目の筋肉が

刺激されます。

 

まとめ

目を若返らせることについてみてきました。

肌年齢などと同じに目年齢も若返らせる

ことはできます。

 

保湿、睡眠、ビタミン、ストレスの発散

日常生活の工夫で目を若返らせましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。