眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼対策に新鮮な空気は必要、深呼吸をしましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

目の若さを保つことは

脳の若さを保つこと

脳の若さを保つことは

身体の若さを保つことになります。

 

日常生活で気を付けることについて

解説していきます。

スポンサードリンク



 

呼吸

呼吸は自分の意志が反映される体性神経と

意志とは無関係にコントロールされる自律神経

の2つの神経に支配されています。

 

呼吸を意識して整えることは

自律神経のバランスを整え、心身をコントロール

することです。

 

呼吸回数

通常の呼吸回数は1分間に15~20回と言われています。

 

無意識のうちに呼吸をしています。

必要最低限の酸素を浅く呼吸しています。

 

おこると息が荒くなり、驚いた時には一瞬息が

止まります。

 

心配事や緊張しているときなどストレス状態に

あると無意識に呼吸が早くなります。

 

腹式呼吸

de7aea6ee0625dcf2845a73c758429aa_s
呼吸法の基本は、まず息を吐きだしてから

ゆっくりと息を吸い、少し止めて思いっきり

吐き出します。

 

吸うことより吐くことが大事です。

そして腹式呼吸です

 

息を吸うときは横隔膜が下がりおなかが出る

吐くときは横隔膜が上がりおなかがへこむ

という呼吸法です。

 

腹式呼吸により全身に十分な酸素が送り込まれ

また自律神経を刺激し、血行を促進するので

内臓の働きにも良い結果がでます。

スポンサードリンク


細胞の活性化

e5761f5738e7c08166f030c30c175aea_s
脳は一日120リットルの酸素を必要とします

もし不足すると脳全体が老化します。

 

全身の細胞に新鮮さ空気を送り込むことによって

細胞を活性化させ、自然治癒力や免疫力を高め

老眼防止につながります。

 

 

まとめ

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_l
老眼対策と酸素について見てきました。

 

まとめると

意識した呼吸で自律神経のバランスを整える

腹式呼吸で全身に酸素をいきわたられ

自律神経を刺激して血行をよくする

新鮮な酸素が細胞を活性化させる

という内容でしたね。

 

酸素を過剰に取り込むと活性酸素を

発生させるのではと良いイメージは

なかったのですが、今回記事にしてことで

学ぶことができました。

 

脳や体に十分な酸素をいきわたらせ

ゆったりとリラックスすることで

老眼対策になるのですね。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。