眼の健康などの視力に関する情報発信

生活を改善して老眼防止!ドライアイも改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!!

今回は「生活習慣を工夫してドライアイの改善

老眼防止」についてです。

 

ドライアイは典型的な加齢のサインです。

では生活を改善すればドライアイは防ぐことは

できるでしょうか

 

またVDT作業の改善についても

解説していきます。

 

スポンサードリンク


VDT作業の改善

姿勢を正しく

パソコン作業においてまず姿勢を正しく

すること、

画面の位置

画面との正しい距離を保つこと

 

見上げるような位置にあると、目が

 

画面は目の高さより下にします。

大きく開くことになり、目の乾燥を助長します。

 

 

 

画面の明るさ

画面の明るさは部屋の明るさと同じくらいが

いいでしょう。

 

どちらかが明るすぎたり暗すぎると、目の負担になります

 

 

乾燥

乾燥している環境での作業は加湿器を使います。

 

エアコンの風が直接顔に当たらないように注意します。

 

 

長時間

長時間休みなくパソコンに向かっての作業は

やめましょう。

 

ドライアイだけでなく、目の痛み、頭痛

肩こり、全身の疲労にまで発展します。

スポンサードリンク



 

休憩

厚生労働省において

一時間の作業に15分のほかの作業をするように

言われています。

トイレに行く、お茶を飲む

などパソコン画面から目を離します

目が乾いていたら点眼します。

コンタクトレンズ装用者は特に気を付けましょう

 

 

ストレス

涙は交感神経と副交感神経が支配しています。

仕事が集中するとドライアイがひどくなってしまい

ます。

緊張が続いているときは意識してまばたきをします。

 

 

日常生活の工夫

軽度のドライアイならそのライフスタイル

を工夫することによってその症状を

和らげることはできます。

老化をコントロールするには

生活習慣をコントロールすることです。

タバコを吸っている人は

タバコを止める

運動不足の人は運動をする

太ってる人は痩せる

など体に必要なことは、頭でしっかりと

理解して生活の中に習慣として定着させて

しまいましょう。

 

 

まとめ

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_l
VDT作業に置ける工夫で

ドライアイの症状を改善できる

ドライアイは加齢のサイン

生活習慣の改善で老化をコントロール

しましょう

という話でした。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。