眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼治療の手術の方法、マルチフォーカルIOL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

老眼治療の手術の方法、マルチフォーカルIOL

今までは目がよかったのに、最近近くの

物が見えにくくなったら、それが老眼です。

 

老眼になったら老眼鏡をかけることで対処

できます。

 

しかし今までメガネをかけたことがない

という人はメガネが煩わしく感じますよね。

また近視の人もメガネをかけ替えたりと

面倒な思いがあると思います。

 

そんな老眼鏡の煩わしさを解決する手段として

注目されているのが、老眼を手術で治療する

方法です。

 

そこで今回はマルチフォーカルIOLです。

 

さっそく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


マルチフォーカルIOL

 

d697099129490bc74ba9bba191f88225_s
遠くも近くも見えるよう遠近両用レンズを

目の中に挿入する方法です。

 

白内障の治療と同時に老眼も直してしまう

方法です。

 

以前は単焦点レンズといって、1点にピントを

合わせたものでした。

 

現在は光を遠くと近くに分けるレンズが開発され

ています。

 

多焦点レンズです。

 

 

光を遠近に分散するため、単焦点レンズに比べて

コントラスト感度が落ちるとか、

夜間のライトがにじんで見えたり

まぶしく感じたりします。

 

つまり見え方にクリア感がなかったり

暗いところでは見えにくいという状態に

なります。

 

 

一方の単焦点レンズは見え方は非常にクリアです。

しかしピントが一点にしか合わないので、

メガネが必要です。

 

 

スポンサードリンク



 

保険の適用

単焦点レンズだと保険が適用されるので、

5万円前後ですみます。

 

多焦点レンズだと保険適用外で、自費診療となり、

レンズ自体も高価なので、30万円前後かかります。

 

長所と短所

915e89cb32a01e7a14a2d7982ab2fffd_l
どちらの方法も一長一短があり迷うところですが

その人の生活や性格によります。

 

外で働くことが多いのか、

室内なのか、

もともと目が悪かったのか

メガネを使うことが苦痛か

なれているか、などでも異なってきます。

 

 

まとめ

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_l
 

 

マルチフォーカルIOLによる老眼治療について

見てきました。

 

まとめると

治療は白内障の治療と同時に行うことが多い

眼内レンズは2種類あって

単焦点レンズと多焦点レンズがあり

どちらも長所と短所があるということ

ですね。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。