眼の健康などの視力に関する情報発信

紫外線の浴びすぎで最も心配なのが目のダメージです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

真っ黒に日焼けした子供は健康的

と言うイメージがありますよね。。

 

しかし心配なのは目や皮膚へのダメージです。

今回は子供の紫外線の浴びすぎに注意です

 

スポンサードリンク



 

紫外線の子供への影響

地球のオゾン層の破壊で、世界各国で紫外線症の

増加が問題になってきています。

 

紫外線は適量なら問題はないですが

大量に浴びると有毒性が高まります。

 

最も心配なのは目や皮膚へのダメージです。

 

子供のうちは特に症状は現れないが

年を取ったときに皮膚がんや白内障にかかる確率

は高くなります。

免疫力の低下

????????????????????????????????????

????????????????????????????????????



真っ黒に日焼けした子供は元気で健康的

に見えます。

 

実際に日焼けした子供は外で遊んでいること

なので元気で健康ですね。

 

しかし強い日光を浴びると一時的に免疫力も低下します。

そのせいで風邪を引きやすくなったり

疲れやすくなったり

口の周りにヘルペスが出ることもあります。

 

子供のうちから紫外線対策を欠かせないですね。

 

スポンサードリンク


紫外線対策

5~9月は紫外線の量が多いので

紫外線対策は重点的にします。

 

夏場の午前10時から午後2時ごろは

紫外線量が多い時間帯です

外出は避けたほうがいい

外に出るときは帽子をかぶりましょう。

 

つばの広いタイプが効果があります。

日焼け止めを塗りましょう

 

日に当たるときはこまめに塗り替え

家に帰った後はよく洗い流しましょう

外あそびの時も日陰になる場所を作って

休憩しましょう。

 

日焼け

夏の強い日差しの元で急に日焼けをすると

皮膚が焼けど状態になります。

 

日焼けがひどい時は冷たい水で冷やし

病院にいきましょう。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

子供の紫外線対策について見てきました

紫外線の浴びすぎには注意しましょう。

 

子供の時は無症状であるが大人になって

皮膚がんや白内障の原因にもなります。

と言う内容でした。

 

強い日差しのある夏、

子供の紫外線対策は万全ですか

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。