眼の健康などの視力に関する情報発信

赤ちゃんの眼球は小さいから視力は悪い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤ちゃんの眼球は小さいから視力は悪い

赤ちゃんの視力が悪いことは眼球の

小さいことに関係している。

今回は赤ちゃんの成長に

環境からの影響についてみていきます

 

スポンサードリンク


眼球の構造

343568
網膜はものを見るための重要な部分で

外から入ってきた光は網膜を通じて視神経から

脳に伝達される。

 

網膜にピントの合った像を映し出すのが

水晶体である

 

水晶体は厚さを変えることにより光の屈折を

かえて焦点を合わせる。

 

このレンズの焦点は大人にあわせてできている

ものなので赤ちゃんの小さい眼球に合うように

出来てはいないのである。

 

つまりレンズの焦点は眼球が成長して大きく

なって合うように設計さているので

赤ちゃんの小さい眼球の場合、網膜の後ろで

焦点が合っていることになる。

 

 

受けた光

d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s
生まれてきて小さかった眼球も

正常な見え方をするために網膜に入る光のピントに

合わせて成長する。

正常な見え方になるにはそのとき網膜に正しい光が

必要です。

そうしないと焦点が狂うことになる。

長い楕円形の眼球になったり

短くなったりもします。

成長期に受け取った光が誤っていればその誤った状態で

目は成長してしまうのである。

スポンサードリンク



 

脳の成長

263910
環境が脳に及ぼす影響の強さはどうでしょう。

片目をふさがれた場合、ふさがれた方の目は

見えなくなってしまう。

 

脳の機能はふさがれていた方の目からの

情報は要らないということでふさがれていた

目の領域に該当する脳の領域が開いていた目の

領域になってしまっているのだ。

 

両目をふさいでいても目が見えなくなることは

ない、目の見る機能は失われていないのである。

脳の機能に影響が強いのは片目の状態と言うこと

左右の目の不均等が脳に与える影響は大きいのだ。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

赤ちゃんの目と脳の成長についてみてきました

赤ちゃんは生まれてすぐ見ることはできるが

ピンボケ状態、

これは眼球の小ささに合った。

 

脳の機能に影響が大きいのは左右の目の不均等

 

と言う内容でした。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの目はこれから

物の形を見極め

たくさんの人の顔を覚え

絵や映像の中に奥行きを感じる

 

赤ちゃんの能力は短い間に環境に合わせて

進化していく

 

見る能力は高度な脳の発達と並行して進み、

完成していくのである。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。