眼の健康などの視力に関する情報発信

遠視は生まれつきだからしょうがない?治し方を知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「近くのものはちゃんと見えるけど

遠くのものは見えないんだよね。」



「じゃあ、それは近視だね」


「逆に遠くのものが見えて

近くのものが見えないのが遠視ってこと?」


「それは、勘違いだよ」




今回は遠視について解説していきます。




スポンサーリンク




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6257485982177911"
data-ad-slot="1250186980"
data-ad-format="auto">








遠視とは

343568

目の屈折異常です。



目に入ってきた光りが網膜の後ろに

焦点が合う状態です。




近視が近いものが見えやすく、

遠くのものが見えにくいんですよね。




「だったら遠視って遠くのものが良く見えて、

近くのものが見えないこと?」



と思っている人が多いですよね。




しかし遠視は近い・遠いに関係なく、


焦点があっていないのです。




若いと目の調節機能が働き遠くも

近くも見えるのですが

本当は近くも遠くもピントが合っていないので

この調節機能が衰えると

近くも遠くも見えにくくなってくるのです。




遠視は生まれつき


94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

遠視の原因は遺伝がほとんどと言われています。




「眼球が小さい」ことが原因の遠視がほとんどです。




眼球の大きい、小さいは生まれつきなので


遠視の原因は遺伝と言えます。




それは眼球の大きさは成長とともに


大きくはなるのですが


小さくなることはありません。




遠視の治し方

901ddc97a4e6b2d697d9b0273cbee932_s
子供に遠視が見つかった場合、

メガネによる矯正を行います。



これによりピントあわせの調節機能を

正常にしていきます。


大人の遠視は、

やはりメガネで矯正しますが

大人の眼の視力の矯正は難しいので

手術によって治療します。



これはレーシック治療が効果的です



この手術を受ければほぼ完治すると言われています。



レーシック手術自体は痛くは無く


入院も必要ないので人気です。




まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

簡単にまとめて見ましょう


遠くも近くもピントが合わないのが

遠視です。



遺伝による遠視がほとんどである。




レーシック手術が有効である。

でしたよね。



とくに子供の遠視は早めの


眼鏡矯正がいいとされています。




「こんな小さなうちからメガネなんて

かわいそう」


と思うかもしれませんが


「大きくなってからでは遅いのです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。