眼の健康などの視力に関する情報発信

目が頻繁に疲れます、スマホによって目がダメージを受けています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

われわれの日常生活で最も目にダメージを

与えるものは光の刺激です。

 

スマホやパソコンなどの光

太陽の光など

身の回りにある様々な光の刺激が目に影響を

与えるのです。

そこで今回は光りと目について見ていきます。

 

スポンサードリンク



 

 

目が受けるダメージ

ヒトは光の電気信号でものを見ています

しかしその光は時によって目に大きな

ダメージを与えます。

光の電気信号は目の奥に何らかの刺激を

与えます。

その刺激が強いほど目が受けるダメージは

大きくなります。

あふれる光

ものを見るために必要な程度の光なら

受ける刺激もそれほど問題にはなりません

しかし現代は様々は光があふれかえっています

本当に必要ではないような光まで・・。

 

 

ブルーライト

4bcf8ae7c7ba2e1ab9fd972e796642e0_s
 

紫外線も目に悪いイメージではないですか?

しかし紫外線は黒目の部分や水晶体で

吸収されます。

ところがスマホやパソコンなどが発する

光に含まれるブルーライトは目の奥にまで

直接光が届いてしまうのです

そのため、ブルーライトは目の疲れなど様々な

不調の原因となります。

 

ブルーライトの対策

ブルーライトをカットするパソコン用のメガネ

を使いましょう

ブルーライトを浴びすぎないようにすることが

目の疲れを軽減し、視力低下を防ぐポイント

です。

スポンサードリンク



 

ブルーライトにサプリが効く

ブルーライトのダメージを減らすためにもっとも

効果があるのが「ルテイン」です。

 

ルテインはものを見る中心の部分である黄斑に

集まります。

そこでブルーライトをルテインが吸収してくれるのです。

サプリから補う必要があります。
↓↓↓
ブルーライトメガネだけではスッキリしない方必見!

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

光の刺激と目について見てきました。

ものを見る程度の光なら問題はないが

光の一種のブルーライトの刺激は

目に悪い。

ブルーライトは主にスマホやパソコンなど

の光に含まれている。

つまり目の疲れや視力低下を防ぐのポイントとして

スマホやパソコンを長時間見るのは避けましょう。

こちらの記事もどうぞ
↓↓↓↓
ブルーライトを浴びる量を抑える生活、ルテインの効果は?

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。