眼の健康などの視力に関する情報発信

ブルーライトを浴びる量を抑える生活、ルテインの効果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

パソコンやスマホなどから出る光だけがが

ブルーライトではありません。

 

ブルーライトはあらゆる光に含まれます。

 

そこで今回はブルーライトとの付き合い方について

見ていきます。

 

スポンサードリンク


ブルーライトとは

4bcf8ae7c7ba2e1ab9fd972e796642e0_s
 

波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。

ヒトの目で見ることのできる光の中でも、

もっとも波長が短く、

強いエネルギーを持っています。

 

角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

パソコンやスマートフォンなどのディスプレイには、

このブルーライトが多く含まれています。

 

ブルーライトを見続けると、

目に障害が発生したり、

目が疲れたり、

眼や身体に大きな負担をかけると言われています。

 

ブルーライトの危険性

 

目にダメージを与える光として紫外線が思いつき

ませんか?

紫外線は黒目や白目に影響を与えます。

充血したり、乾燥したり、白内障の原因に

なる場合もあります。

 

一方ブルーライトは黒目を通り抜けて目の奥のほうにまで

ダメージを与えます。

 

紫外線よりも重篤な症状を引き起こします。

最悪失明の危険性もあります。

 

ブルーライトの対策

ブルーライトのダメージを減らすためにもっとも

効果があるのが「ルテイン」です。

 

ルテインはものを見る中心の部分である黄斑に

集まります。

そこでブルーライトをルテインが吸収してくれるのです。

サプリから補う必要があります。
↓↓↓
ブルーライトメガネだけではスッキリしない方必見!

スポンサードリンク


ブルーライトの役目

d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s
ブルーライトは太陽の光にも含まれます。

ヒトは太陽が昇ると活動を開始し

太陽が沈むと眠るという生活をしてきました。

 

このリズムが人間本来の生活のリズムなのです。

ブルーライトが自律神経の中で交感神経を優位に

する働きがある光なのです。

 

ブルーライトは目にダメージを与えるだけでな

ないのですね。

 

つまり、太陽が沈んだ後はブルーライトを浴びる

量を抑えたほうがいいのですね。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

今回はブルーライトと付き合う方法について

見てきました。

 

まとめると

・ブルーライトは目の奥までダメージを与える

・ブルーライト対策にルテイン

・ブルーライトにより生活のリズムが整う

という内容でしたね

 

間接的なブルーライトは日中に浴びる分は構わないです。

 

しかし太陽が沈んだ後のブルーライトは抑えた方が

いいのですね。

 

 

こちらの記事もどうぞ

↓↓↓

良質の睡眠が目をよくする!寝る直前の習慣は?

 

 

そうすることにより生活のリズムが整います。

さらに目のも優しいのですね。

 

ブルーライトは悪者のイメージしかなかったが

人間にとって必要な光でもあるのですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。